☆薬剤師が送る最高のエンターテイメントサイトにようこそ☆

ブログに商品紹介リンクを貼る簡単な方法3選【Amazon、楽天、Yahooをまとめちゃおう】

こういった悩みを解決します。

「ブログ始めたは良いけど商品紹介のリンクってどうやって作れば良いのかな~?」

「それ以前にAmazonアソシエイト合格してないけどAmazonのリンク作りたいよ!」

「どうせならAmazonとか楽天のクリックボタンをまとめて表示させたい・・・」

「あのAmazonとか楽天とかのボタンが一緒になってるやつやりたい!」

 

商品紹介リンク

 

↑こういうの!こういうの!

 

こじまる(猫)
こじまるも最近ブログ始めたからおすすめ商品紹介したいにゃ!
やり方教えてにゃ!

 

こじまる(人)
こじまるは賢いからすぐできるようになるよ!
わかりやすく説明するよ!

 

この記事では初心者の方向けに商品紹介のアフィリエイトリンクの作り方を3つ紹介します。

今回は「Amazon」「楽天」「Yahoo!」の3つのリンク先で作成していきます。

是非ご自分に合った方法で作成してみてください。

各ショップの商品紹介リンクをまとめるメリット

商品紹介リンク

Amazonや楽天、Yahoo!のアフィリエイトリンクをまとめると何が良いのか?

皆さんはネット通販はどこを利用しますか?

「Amazon!」

「楽天!」

こじまる(猫)
こじまるはYahoo!だにゃ!

 

こういった感じで利用するネット通販サイトは人それぞれなのです。

価格重視であったり、獲得ポイントであったり、ふるさと納税ができたりと何かしら理由があって利用するサイトを決めています

 

例えば日頃から「楽天市場」メインで買い物をしている人があなたのサイトを訪れ、「この商品買いたいな!」と思ってくれたとします。

しかし、商品リンクが「Amazon」しかなかったら利用者はあなたのサイトを離脱し、「楽天市場」で同じ商品を検索するでしょう。

 

そういった機会損失を避けるためにも今回のアフィリエイトリンクをまとめるというのはアフィリエイターにとっては重要なことです。

 

こじまる(人)
これを機会に商品リンクの貼り方をマスターしちゃおう!

 

ブログに商品紹介のリンクを貼る方法3選〜どれも神〜

商品紹介リンク

①かんたんリンク

かんたんリンクとは?

かんたんリンクとは最も有名なASPの一つである「もしもアフィリエイト」で利用できる機能です。

「もしもアフィリエイト」は50万以上のサイトが登録されていて、ショッピングや不動産、教育関係に強いASPです。

Amazonや楽天、Yahoo!といった大手のネットショッピングとも提携ができます。

Amazonアソシエイトの審査はなかなか厳しいと言われ(筆者もまだ合格してません)ていますが、もしもアフィリエイト経由だと審査が通りやすいです。

 

\登録がまだの人は今すぐ登録!/

もしもアフィリエイトの特徴

  1. Amazonアソシエイトの審査に通りやすい
  2. W報酬制度がある
  3. プレミアム報酬がある
  4. 報酬の銀行の振込手数料が無料
  5. かんたんリンクが超便利

 

こじまる(猫)
なんかいろいろ特徴あるにゃ!
こじまる(人)
簡単に深掘りしていくね
①Amazonアソシエイトの審査に通りやすい

これは読んで字のごとくもしもアフィリエイト経由であればAmazonアソシエイトの審査に通りやすいです。

実際に筆者もAmazonアソシエイトに直接は合格していませんが、もしもアフィリエイト経由で一発合格しています。

だいたい4~5記事程度あればよっぽどの規約違反がない限り問題ないです。

②W報酬制度がある

もしもアフィリエイトでは通常報酬に加えて12%のボーナス報酬があります。

他ASPで100万円の振込があったとしたら、もしもアフィリエイトで同額報酬の場合、振込額は112万円となります。

これはかなりお得ですよね。

※Amazon、楽天はW報酬制度対象外です。

③プレミアム報酬がある

プロモーションごとに一定金額以上の成果承認を達成した時に支払われる追加報酬です。

頑張れば頑張るほど報酬も増えるのでモチベーションが上がりますね。

※Amazon、楽天などの一部プロモーションはプレミアム報酬対象外です。

④報酬の銀行の振込手数料が無料

成果金額が1,000円以上になれば、振込手数料はもしもアフィリエイト負担で振り込まれます。

ASPによっては振込手数料がかかるところもあり、せっかく発生した報酬が目減りしてしまうこともありますのでこれもうれしい特徴ですね。

⑤かんたんリンクが超便利

この「かんたんリンク」こそ今回の記事のメインとなる特徴です。

もしもアフィリエイトで提携できた「Amazon」「楽天」「Yahoo!」の商品リンクがあっという間に作れます。

こじまる(猫)
にゃにゃにゃんと!
こじまる(人)
先に仕上がりイメージを見てね!

 

こじまる(猫)
こじまるのご飯にゃ!
こじまる(人)
今回はこのこじまるのご飯のリンクを作っていくよ!

 

\始める前にまずは登録を済ませましょう!/

 

かんたんリンクの使用方法

①登録が終わったらトップページの「かんたんリンク」をクリックする
もしもアフィリエイト

 

②検索窓に探したい商品の名前(今回は「ピュリナ」)を入れる
もしもアフィリエイト

 

③出てきた検索結果からリンクを作りたい商品を選ぶ
もしもアフィリエイト

 

④「HTMLソースを1行にする」にチェックを入れる
もしもアフィリエイト

 

⑤作成されたコードをコピーする
もしもアフィリエイト

 

⑥コピーしたコードを「テキストモード」に貼り付ける

 

これで終わりです。
こじまる(人)
簡単でしょ?
こじまる(猫)
慣れればすぐにできそうにゃ!

 

\かんたんリンクを今すぐ実践!/

かんたんリンクの注意点

かんたんリンクはとても便利ですが、注意点もあります。

それは必ずしもどこのショッピングサイトにも商品があるとは限らないことです。

売りたい商品がAmazonにはあるけど楽天にはないとか。

例えば「4億円のダイヤモンド」売りてぇなぁ!とか思った時に、まずは手順通りかんたんリンクを作ってみましょう。

はいできました。

では、それぞれのリンクがちゃんとショッピングサイトに繋がっているか確認しましょう。

どうですか?

おわかりの通り、このダイヤモンドは「Amazon」のみの販売で、楽天やYahoo!では売っていないのです。

こじまる(猫)
じゃあどうしたら良いにゃー!?
こじまる(人)
ボタンをAmazonだけにしちゃおう!

こういったこともできます。

かんたんリンクの設定で表示するボタンを選べます

もしもアフィリエイト
AmazonにしかないならボタンもAmazonだけにしてしまえ!という対処ですね。

かんたんリンクまとめ

もしもアフィリエイトのかんたんリンクは慣れてしまえば、本当に一瞬で商品リンクを作ることができます

この方法が今回紹介する3つの中では断トツで使いやすいです。

よほどのことがない限り4億円のダイヤモンドのように「Amazonだけにしかない!」なんてことはないので、積極的に使ってみてください。

\まだ登録してない方は今すぐ登録!/

②Rinker

2つ目に紹介するのが、商品管理のプラグイン「Rinker」です。

Rinkerとは?

Rinkerはやよいさん(@oyayoi19)が開発したWordPress用の商品リンク管理プラグインです。

一言でいうと、神プラグインです。

 

こじまる(人)
試しにRinkerでピュリナのリンクを作ってみるね!
※本サイトでは少しカスタマイズしてあります。
こじまる(人)
どうかな?
こじまる(猫)
さっきのよりもきれいな気がするにゃ!

 

感じ方はひとそれぞれだとは思いますが、Rinkerで商品リンクを作成するとボタンの色がそれぞれ違って、値段表示もあり「もしもアフィリエイト」よりも見やすいですね。

もしもアフィリエイトのかんたんリンクは操作がかんたんな反面、仕上がりが淡泊というデメリットもあるということですね。

※かんたんリンクもカスタマイズにより色を加工できますが本記事では割愛

Rinker導入前の準備

Rinkerを使用する前に「Amazonアソシエイト」「楽天アフィリエイト」「もしもアフィリエイト」「バリューコマース」は登録しておきましょう。

最低限で「もしもアフィリエイト」「バリューコマース」は必須です。

  1. もしもアフィリエイト→「Amazon」「楽天市場」と提携する
  2. バリューコマース→「Yahoo!ショッピング」と提携する

 

こじまる(人)
本家Amazonは報酬5,000円以上で振り込みされるので初心者にはハードルが高そう・・・
こじまる(猫)
楽天も直リンクじゃだめにゃのか?
こじまる(人)
楽天は基本的にポイントでの支払いで、現金化すると手数料が10%もかかってしまうんだ
こじまる(猫)
Yahoo!はバリューコマースにゃんだにゃ?
※Yahoo!の料率はバリューコマース1.0%、もしもアフィリエイト0.77%だからバリューコマースにしましょう!
\もしもアフィリエイトの登録はこちらから/
\バリューコマースの登録はこちらから/

 

Rinkerの導入方法は?

Rinkerは公式ホームページ(商品リンク管理プラグインRinkerの公式サイト)からダウンロードができます。

導入方法や設定マニュアルもあるので参考にしてみよう。

\神プラグインを導入しよう!/

Rinkerのデメリットは?

まだ使い始めて間もないですが、Rinkerに関しては大きなデメリットは見当たりません。

あえて挙げるとしたら以下の点です。

Rinkerのデメリット

  1. リンク先が商品検索画面になる
  2. Rinkerのcredit表示が出る
  3. 基本的に楽天で扱ってる商品しかリンクできない

 

①リンク先が商品検索の画面になる

例えば上のピュリナのリンクをクリックすると「Amazon」「楽天」「Yahoo!」それぞれのサイトに飛びますが、画像で表示している商品に直接リンクしているわけではありません

設定によっては紹介したい商品を直接表示できるのですが、〈Amazonアソシエイトに合格していない(PA-APIが取得できない)〉ことと〈もしもアフィリエイト経由での設定〉にするとリンク先が検索画面になります。

こじまる(人)
場合によっては商品検索画面の方が良いこともあるので、デメリットとは言えないかもしれません

 

②Rinkerのcredit表示が出る

Rinkerで商品リンクを作ると「created by Rinker」というcredit表示が出ます。

しかし、これだけの機能を無料で使わせていただけているのでむしろRinkerを宣伝しようじゃないか

こじまる(人)
Rinkerは是非多くの人に知ってもらいたいですね

 

③楽天で扱ってる商品しかリンクできない

これは当然で仕方がないことです。

Amazonアソシエイトに合格(PA-APIが取得できるようになれば)すればAmazonの検索機能が使用できるので、商品選択の幅は広がります。

こじまる(人)
Amazonアソシエイト合格してる方(PA-API取得できる方)は問題なし

 

Rinkerのメリットは?

デメリットとは違いRinkerのメリットはたくさんあります。

Rinkerのメリット

  1. 無料で利用できる
  2. WordPress上で商品検索ができる
  3. ショートコードで管理ができる
  4. リンクを利用している記事がわかる
  5. AmazonアソシエイトのアクセスキーID、シークレットキーがなくても利用できる(PA-API取得できなくても利用できる)
  6. 自由ボタンがある
①無料で利用できる

かんたん、はやい、キレイの3拍子揃ったこの商品リンク管理プラグインRinkerはなんと無料で利用できます。

機能としては完全に有料級です。

この素晴らしいプラグインを無料で提供してくれるなんてやよいさん(@oyayoi19)には感謝しかありませんね。

こじまる(人)
是非Twitterとかフォローしよう!

 

②WordPress上で商品検索ができる

1つ目に紹介したかんたんリンク、これから紹介する3つ目の商品リンクプラグインもASPのサイトからコードを持ってこなければなりません。

Rinkerではこの手間が省けて編集画面の「商品リンク追加」ボタンから商品リンクを作ることが可能です。

Rinker

 

こじまる(人)
かゆい所に手が届く便利さだよ

 

③ショートコードで管理できる

編集画面でRinkerのリンクを貼る場合、ショートコードですっきり管理できます。

このコードを入力するだけでリンクを貼ることができます。

こじまる(人)
ショートコードは商品リンクごとに設定されてるよ

 

④リンクを利用している記事がわかる

商品リンクの管理画面を見ると、どの記事にどのリンクを貼っているかが一目でわかります。

あのリンクはどの記事に貼ったっけ?

といったこともなくなりますね。

Rinker

利用記事をクリックすれば、その記事の編集画面へ直接飛ぶことができます

 

⑤AmazonアソシエイトのアクセスキーID、シークレットキーがなくても利用できる

一部のサイトでRinkerはAmazonアソシエイトに合格していないと使えないという情報がありますがAmazonアソシエイトに合格していなくても(PA-API取得できていなくても)利用できます。

合格しているとAmazonの検索機能も使えるようになります。

※Amazonアソシエイトに合格していないと、商品検索は楽天市場を利用することになります。
Rinker
Amazonでの検索を利用しようとするとこのようにエラーが出てしまいます。

 

⑥自由ボタンがある
Rinkerには自由ボタンが4つあり、リンクしたいサイトを増やしたり、公式サイトを加えたりすることができます。
この場合はAmazon、楽天、Yahooの3つに公式サイトを追加しています。
こじまる(人)
この公式サイトへのリンクも実はアフィリエイトリンクになってます

Rinkerまとめ

この商品リンク管理プラグインRinkerは恐ろしいほど便利です。

一度設定してしまえば、操作は簡単ですしASPのサイトを開かなくてもリンクが作れてしまう手軽さ。

おまけに完成されたリンクもキレイです。

そしてやっぱり価格表示があるのは親切で読者も安心感がありますね。

これぞまさに神すぎるプラグイン

こじまる(人)
僕は今後これをメインで使用していこうかと思っています

 

 

\かんたん、はやい、キレイを体感する/

③カッテネ

3つ目に紹介するのはたいさん(@tai_tantan)が開発した商品リンク作成用のプラグインです。

こちらもRinkerと同様に控えめに言って神プラグインです。

 

こじまる(猫)
カッテネってネーミングが良いにゃ!
こじまる(人)
じゃあ早速カッテネを使ってピュリナのリンクを作ってみるね。
こじまる(猫)
これはこれで良い感じにゃ!

 

Rinkerとの一番の違いは、Rinkerでいうクレジット表記の部分に「商品説明」を自由に入れれるところです。
こじまる(人)
少しだけでも商品特徴を載せることができれば読者もわかりやすいよね

「カッテネ」のメリットやデメリット、使用方法はこちらの記事でまとめています↓

 

「カッテネ」の使用にも「もしもアフィリエイト」と「バリューコマース」の登録は必須ですのでしっかり登録しましょう。
\もしもアフィリエイトの登録はこちらから/
\バリューコマースの登録はこちらから/

ブログに商品紹介リンクを貼る簡単な方法3選:まとめ

ブログで商品紹介リンクを貼る方法

この記事では
①かんたんリンク
②Rinker
③カッテネ
を紹介させていただきました。
それぞれのメリットを復習します。

かんたんリンク

  1. その名のとおり簡単
  2. 表示する画像を選べる(この記事では触れてません)
  3. 表示するリンクボタンを選択できる

Rinkerのメリット

  1. 無料で利用できる
  2. WordPress上で商品検索ができる
  3. ショートコードで管理ができる
  4. リンクを利用している記事がわかる
  5. AmazonアソシエイトのアクセスキーID、シークレットキーがなくても利用できる(PA-APIが取得できなくても利用できる)
  6. 自由ボタンがある

カッテネのメリット

  1. 無料で利用できる
  2. 商品説明が書ける
  3. 最大5個までボタンを増やせる
  4. 見栄えが良い
  5. クリック先は商品詳細画面
  6. AmazonアソシエイトのアクセスキーID、シークレットキーがなくても利用できる(PA-APIが取得できなくても利用できる)

 

こじまる(人)
初心者の方ほどかんたんリンクが本当に簡単かと思います

 

いずれの場合も「もしもアフィリエイト」と「バリューコマース」の登録は必須ですので、登録は早々に済ませておきましょう。
\もしもアフィリエイトの登録はこちらから/
\バリューコマースの登録はこちらから/

ブログに本気になる。
洗練されたデザインと最速のテーマを体感せよ。