☆薬剤師が送る最高のエンターテイメントサイトにようこそ☆

【新常識】ギター運指向上に筋トレは必要?やるべきことはコレ!【すきま時間で運指上達】

ギターを始めたは良いけど筋肉とか鍛えるべきなのかな?

 

今回はこういった悩みを解決します。

今回はギターの指板(フィンガーボード)を抑える手について解説していきます。

 

本記事の内容

ギターの運指に必要な筋肉
ギター筋トレの効率化グッズ

 

結論

ギターの運指向上に必要なのは握力

 

本記事の信頼性

筆者であるこじまるはギター歴20年以上

 

\マンツーマン指導で差がつく/
広告

ギターに筋トレは必要?

ギター運指に必要な筋肉を効率よく鍛える

もしあなたが一流のミュージシャンを目指し、全国をライブツアーでまわるような人になるのであれば筋トレは必要です。

しかも全身を鍛えて体力をつけておいた方がライブパフォーマンスは良くなるでしょう。

 

この記事ではあくまで趣味レベルで、だけども効率よくうまくなりたいという方向けに提案していきます。

冒頭の結論にも書いたとおり、運指向上に必要なのは握力です。

握力も鍛えすぎは良くないですが、必要な部分を適切に鍛えれば運指の向上が期待できます。

本当に握力が必要なの?

ギター運指に必要な筋肉を効率よく鍛える

ギターでは「フィンガーボードを押さえる」ので握る力=握力が必要なんだ!ということはイメージできますね。

こういう商品見たことありませんか?

ギターキッズであれば一度くらいはこれを見て「これなら指めっちゃ鍛えられそうやん!」ってワクワクしますよね。

このようなものが商品化されるくらいギター弾きにはやはり握力が重要だということがわかります。

こじまる(人)
握力は必要だけどちょっと待って!

握力の分類

ここで握力の働きについて考えましょう。

握力には主に次の4つに分類されます。

握る力
つまむ力
ホールドする力
開く力(拮抗筋)
※バリグリップで強化できるのは①の握る力です。

本当に握力が必要?(2回目)

自分の手をグッと握るとどこに力が入っていますか?

腕の内側の筋肉が硬くなりませんか?

今硬くなっている筋肉は総称して「前腕屈筋群」と言われ、手首や指を曲げるために使われる筋肉です。

もちろん手を握れば外側の筋肉も硬くなりますが、バリグリップなどのハンドグリップ系のグッズでより鍛えられるのは腕の内側の筋肉です。

ここで実験

ギターを持ってひたすらトリルをしてみてください。

こじまる(人)
指が動かなくなるまでトリルして~!

動かなくなりました?

もう限界というところまできたら、自分の腕でどこが痛いか確認してみてください。


腕の外側が痛みませんか?

今痛んでいるところは「前腕伸筋群」と言われ、手首や指を伸ばす、開くために使われる筋肉です。

この実験で腕の外側が痛いというところから、ギターに必要な筋肉は握るよりも開く力ということがわかります。

こじまる(人)
運指向上目指すなら手を開く力(拮抗筋)を鍛えよう!

 

ギターの運指に必要な筋肉を効率よく鍛えるグッズ

ギター運指に必要な筋肉を効率よく鍛える

僕が実際に愛用しているグッズを紹介します。

①パワーボール

ギターに必要な握力

パワーボールといえば、ドラゴンボールでベジータが大猿になるために月を作るときに出したあれ、、、、

ではなくてですね・・・

僕が愛用しているWILDERの「リストトレーナー」は現在販売していないので、同性能のこちらを紹介します↓↓

丸い構造の中にさらに丸い物体が入っており、中のボールを回した遠心力によって腕に負荷をかけていきます。

使用すると数分で腕がパンパン。

このパワーボールでは腕の内側も外側も鍛えることができます。

こじまる(人)
通勤中にやってます!

②グリップセイバー

医師が開発したこの「グリップセイバー」は医療現場でも使われており、指を開く力(拮抗筋)を鍛えるのに最適です。

グリップセイバーで鍛える前と後でフィンガリングの滑らかさの違いを実感できると思います。

こじまる(人)
こちらも通勤中にやってます!
ちなみにハードタイプを使用しています。

③フィンガートレーナー

こちらは使用していませんが、グリップセイバーのお手軽版で紹介しておきます。

ギター運指に必要な筋肉を効率よく鍛える方法:まとめ

ギター運指に必要な筋肉を効率よく鍛える

いかがでしたか?

ギター運指の向上には握力が重要ですが、握力の中でも「開く力」が大切だということがわかりました。

一流ミュージシャン目指すなら全身鍛えろ
ギター運指には握力が大事
握力の中でも「開く力」を鍛えると効果的
パワーボール、グリップセイバーならすきま時間で鍛えることができる
こじまる(人)
練習を積み上げてさらに上達していきましょう~
\自宅で簡単スピード上達/

ブログに本気になる。
洗練されたデザインと最速のテーマを体感せよ。