☆薬剤師が送る最高のエンターテイメントサイトにようこそ☆

【2020年夏】男性におすすめの日焼け止め5選!【メンズこそUV対策を!】

まず最初にお聞きします。

あなたが10年後に家族、恋人、友達から言われたい言葉はどちらですか?

 

A「歳とったねぇ!」
B「若いねぇ!」

A「シワ増えたねぇ!」
B「なんでそんなに肌きれいなの?!」

 

30歳、40歳、50歳、60歳と歳を重ねると多くの方はAよりもBの方が良いと思いませんか?

この記事がそう言われるようになる助けになればと思います。


こじまる(人)
皆さんこんにちは!
早速ですが、UV対策はしていますか?

外出自粛してるから日焼け止めとは無縁だよ!と考えていませんか?

これから夏にかけて日差しも強くなってくるので気にし始める方も多いのではないでしょうか?

この記事ではUV対策や日焼け止めについての重要性を薬剤師であるこじまる(@cojiemon)が書いていきます。

こじまる(猫)
UVは「ルトラァイオレット」の略にゃ~

 

この記事で書かれていること

・紫外線の肌への影響
・日焼け止めの必要性
・おすすめの日焼け止め
・日頃のUV対策

 

この記事を読むことのメリット

・紫外線の肌への影響が理解できる
・日焼け止めの重要性がわかる
・自分に合った日焼け止めを選べる
・数年後、他人より若々しくいられる

 

ちゃんとした知識を身につけ、対策をしてライバルに差をつけちゃいましょう!

おすすめの日焼け止めを早く見たい!って方は目次から飛んでくださいね。

UV対策の意識調査結果

日焼け止め意識調査

先日Twitterでアンケート調査をさせていただきました。

結果は以下の通りです。

まとめると・・・

季節問わず毎日使う8.5%(6人)
外出時は使う19.7%(14人)
暑い時期だけ使う29.6%(21人)
全く使わない42.3%(30人)

となりました。

71名の方にご協力いただき42.3%(30名)の方が「日焼け止め」は「全く使わない」という回答になりました。

サンプル数が少ない上に男女混合のアンケートだったため信頼性は低いかと思いますが、男性だけだとしてもこういった傾向があるのは間違いないのではないでしょうか。

UV対策の必要性

日焼け止めの必要性

紫外線の影響

紫外線の影響出典:メンズコスメ【ZIGEN】公式通販

紫外線は波長の長さによって3種類に分けられます。

・地表に降り注ぐ紫外線のほとんどがUV-A。
・曇りの日や家の中、窓ガラスも通過。
・ジワジワダメージ。
・肌の奥まで届くので、悪影響が出やすくシワ・たるみの原因となる。(光老化)
・通年で注意が必要。
・地表に降り注ぐ紫外線はUV-Aに比べてごくわずかだが肌への影響は大きい。
・急激なダメージ。
・肌の表面に赤い炎症を起こす。(サンバーン)
シミ、そばかすの原因となる。
・オゾン層に吸収されるため地表には届かない。
こじまる(人)
体に影響があるのはUV-AとUV-Bだよ~
上記の他にも紫外線を浴び続けると
・免疫機能低下でヘルペスが出来やすくなったり・・・
・若いうちから白内障が進行してしまったり・・・
・皮膚がんのリスクが高まってしまったり・・・
と、様々な影響が出てきてしまいます。
こじまる(猫)
怖いにゃ~
その中でも今回は「肌への影響」を重点的に書いていきます。

肌への影響

UV-A→肌の奥まで→シワ、たるみ
UV-B→肌の表面 →シミ、そばかす

UV-Aは肌の奥まで届き、肌のハリや弾力を支えているコラーゲン、エラスチンなどを破壊します。

→その結果、肌にハリや弾力がなくなりシワやたるみになります。

UV-Bは肌の表面を焼き、急激な炎症・やけどを起こします。

→その結果、肌にシミやそばかすができてしまいます。

この紫外線の影響による肌の老化(シワ、たるみ、シミ、そばかす等)はしばしば「光老化」と言われます。

実は肌の老化の約80%は「光老化」が原因です。

よく「歳とってシワ増えて老けたね~」とか言ってる方もいるかと思いますが、加齢など生理的な肌の老化は20%しかないのです。

「歳をとってシワ増えた」は予防できるのです。

こじまる(猫)
UV対策すればだいぶ予防できそうだにゃ!

また、紫外線の肌への影響を少し専門的にいうと、

「DNAが傷つけられている」ということです。

細胞にはもともとDNAを傷つけられると元通り修復する機能がありますが、

たまーに直し間違えちゃうことがあり、それが皮膚がんのもとになります。

こじまる(人)
UV対策すれば皮膚がんのリスク↓↓

日焼け止めで得られるメリット

「光老化」が予防できる。
→シワ、たるみを防ぐことができる。
→若々しくいられる。
急激な炎症、やけどを予防できる。
→シミ、そばかすを防ぐことができる。
「皮膚ガン」のリスクを軽減できる。
こじまる(人)
肌の対策だけでも大きすぎるメリットだよ〜

紫外線(UV)の強くなる時期

紫外線時期

それでは紫外線の強くなる時期はいつだと思いますか?

いつからUV対策をするのが良いのでしょうか?

こじまる(猫)
夏に強くなるにゃ??
こじまる(人)
夏に強くなるっていうのは間違いじゃないよね〜
こじまるは可愛いなぁ〜
1日で言うと正午あたりが一番紫外線が強くなりますが、時期で見ると次のグラフを見ていただくとわかりやすいです。

このデータを見るとUV-AもUV-Bも5月〜8月の間で強くなっているのがわかりますね。

しかし年によっては5月のUV-A量が1年で1番多くなることもあります。

こうやって確認すると、真夏と変わらない紫外線量が5月にはすでに降り注いでいるのです。

こじまる(猫)
ほんとだにゃ!
こじまる(人)
UV-Aに関しては年中通して高い数値だねぇ

UV-Aは肌の奥までダメージが出てしまう紫外線。

肌にシワやたるみを生み出す「光老化」の原因でもあります。

グラフの通り1年を通して高い数値であり、冬場でも地上に降り注いでいるのがわかります。

しかも厄介なことに、曇りの日でも、家の中にいてもUV-Aは私たちの肌まで届いてしまいます。

次にこちらのグラフをみてください。

日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフ出典:気象庁HP

このグラフを簡単に説明しますと、2.0を超えているとUV対策で日焼け止めを塗ることが推奨されます。

つまり、安心できるのは12月のみ!

こじまる(人)
年中UV対策をした方が良いと言われるのはこの事があるからなんだ!
こじまる(猫)
5月から8月は何が何でも対策しなきゃだにゃ~

UV対策:SPFとPAとは?

SPFとは?

日焼け止めのパッケージによく「SPF50」とか「PA+」とかっていう表示があるのを見たことがありませんか?

これはそれぞれ紫外線の防止効果を表しており、

・SPF(Sun Protection Factor):UV-Bに対しての防止効果の程度
・PA(Protection grade of UVA):UV-Aに対しての防止効果の程度

となります。

基本的にはSPFの数字が大きいほど、PAの+が多いほど紫外線防止効果が強くなります。

数値の違いによって生活シーンでは以下の図のように使い分けることが多いです。

SPFとPA出典:KracieHP
こじまる(人)
強いものばかり使用していると逆に肌荒れの原因になることもあるよ

UV対策:日焼け止めの成分

日焼け止め成分

それでは日焼け止めにはどんな成分があるのでしょうか?

ここでは2種類紹介します。

それは「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」で、以下のような特徴があります。

・肌の表面上で紫外線を化学的に吸収し、放出する。
・吸収される時の化学反応で肌荒れを起こすことがある。
・白浮きしずらい。
・汗や水に強い。
・肌の表面上で物理的に紫外線を反射、散乱させる。
・化学反応がないため肌への負担が少ない。
・白浮きしやすい。
・汗や水に弱い。
・乾燥しやすい。
・紫外線散乱剤のみの日焼け止めは「ノンケミカル」と言われる。
通常の日焼け止めの商品はこの2つ両方とも入っているものが多いです。
こじまる(猫)
どっちもメリット、デメリットあるにゃ~
こじまる(人)
最近は日焼け止めも進化していて、改良されてデメリットも減ってきてるよ!

男性におすすめの日焼け止め5選

男性におすすめの日焼け止め

お待たせしました!

それではいよいよおすすめの日焼け止めを発表します。

①ZIGEN UVクリームジェル

ZIGEN UVクリームジェル
こじまる(人)
僕が最近使い始めたUV対策です。
ZIGEN UVクリームジェルを選んだ理由、使ってみた感想として
・紫外線散乱剤のみの「ノンケミカル処方」。
・紫外線散乱剤ではあるが白浮きしずらい。
・保湿成分配合(ヒアルロン酸、スクワラン)
で肌の乾燥を防げる。
・パラベン、シリコン、アルコールなど全部で11種類の添加物が無添加で低刺激。
・汗や皮脂でテカらない、べたつかない。
・塗り心地がサラッとしている。
・伸びが良く塗りやすい。
・通常の石鹸で簡単に落とすことができる。
・パッケージがかっこいい←
といった感じです。
参考(スクワランの効果)
保湿効果:皮脂膜を形成し、肌の水分蒸発を防ぐ。
エモリエント効果:肌本来の水分量をキープし、肌をやわらかくする。
肌のターンオーバー正常化:角質層まで行きわたり、肌の新陳代謝を活性化。
こじまる(人)
スクワランの美容効果は数年前から大注目されてるよ!

日焼け止めにしては高価格帯ですが、その分高機能で間違いなく今まで使用した商品の中では総合的に一番良いです。

②NULL ウォータープルーフ日焼け止め

メンズコスメで数々のランキングを受賞している【NULL】が発売した日焼け止め。
・SPF50+、PA++++と日焼け止め効果は最強。
・外でのスポーツやレジャーなど激しい運動におすすめ。
・特許製法によりみずみずしい塗り心地でいて、汗や水に強い。
・6種類の添加物が無添加。
・保湿成分でヒアルロン酸配合。
・シワ、たるみ、シミに効くクララエキス配合。

今なら3個買うともう1個プレゼント!

今なら20%オフの価格でBBクリームが同時購入できる!

 

③ウル・オス

大塚製薬から発売されている日焼け止め。
・SPF50+、PA++++で効果抜群。
・保湿成分AMP配合。
・日焼けによるシミ、そばかすを防ぐ。
・塗り直しても白くならない。
・着色料、合成香料、パラベンフリー。

SPF25、PA++の普段使いのものもあります。

④KOSEサンカット日やけ止め透明スプレー

有名コスメブランドKOSEから発売されているスプレータイプの日焼け止め。

こじまる(人)
これは男性だけでなく女性にもおすすめ!
・スプレータイプで8年連続売上No.1
・SPF50+、PA++++で日焼け止め効果は最強。
・顔だけでなく、髪や頭皮の保護にも使える。
・メイクの上からでも簡単に使用できる。

⑤ビオレUVアクアリッチウォータリーエッセンス

花王から発売されている日焼け止め。

こじまる(人)
こちらも男女ともにおすすめ!
・SPF50+、PA++++でこちらも効果抜群。
・独自の「ミクロディフェンス処方」で塗りムラを防ぐ。
・伸びがよくべたつかず、塗り心地が軽い。
・塗り直しもさっぱりしている。
・化粧下地にもなる。
・3種類の保湿成分配合。
・着色料フリー。

UV対策:日常生活で心がけること

日常のケア

UV対策として日焼け止めを紹介してきましたが、日ごろからできるUV対策はないのか?

日常からできるUV対策を少しだけご紹介します。

①保湿

2019-01-24

とにかく保湿をすることです。

例えば焼き魚を作るとき、水揚げした魚よりも干物の魚の方が早く焼けますよね?

人の肌も同じで潤ってる肌より、乾燥した肌の方が日焼けをしやすいのです。

つまり、普段から保湿をしっかりしておけば日焼けをしにくい肌を維持できるということです。

でも化粧水とか乳液とかめんどくさいよ~

ほとんどの男性がそうでしょう。

こじまる(人)
僕もその一人!

それを時短で済ませるために最近では「オールインワン」の商品もたくさん出ているのでこちらを使用しましょう。

おすすめはZIGEN オールインワンフェイスジェルで、僕はZIGEN UVクリームジェルと併用して使用しています。

こじまる(猫)
保湿はかなり大事だにゃ!

②抗酸化力のある栄養を摂る

紫外線が肌に当たると活性酸素が発生し、その影響で老化が進行します。

その活性酸素に対抗するために必要な力が抗酸化力です。

抗酸化力のある栄養成分で有名なのは・・・

・ビタミンC(いちご、レモン等)
・ビタミンE(かぼちゃ、アボカド、アーモンド等)
・βカロテン(にんじん、かぼちゃ等)
・リコピン(トマト、スイカ等)
・カテキン(お茶、紅茶等)    
etc...
こういった食材を日頃から積極的に摂取しているとUV対策になります。

紫外線(UV)は実は良いやつ?!

紫外線いいやつ?!
今まで散々紫外線の悪いことばかり書いてきましたが、紫外線が完全になくなってしまったら僕たち人間はそれはそれで困ってしまいます。
こじまる(猫)
ど、どういうことにゃ?!

僕たちの体の中にはビタミンDという栄養成分があります。

そのビタミンDの主な働きは「カルシウム代謝の調整」で、骨の健康を守るビタミンとして知られています。

こじまる(人)
ビタミンDを体内で作るには紫外線が必要なんだよ~!

紫外線を必要以上に極端に避けていると体内でビタミンD不足となり、健康への悪影響が出ます。

特に高齢者では骨粗鬆症のリスクが増えてしまいます。

こじまる(猫)
じゃあどうしたら良いにゃ~!
とは言うものの紫外線はメリットよりもデメリットの方がはるかに大きいので以下が目安となります。
・両手の甲くらいの面積が15~20分日光に当たる
・日陰で30分程度過ごす
このくらいの時間であれば食事から摂取するビタミンDと合わせて体内に十分なビタミンDが供給されると言われています。

男性におすすめの日焼け止めまとめ〜UV対策は必須〜

男性におすすめの日焼け止めまとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

簡単にまとめますと、

・紫外線はシワ、たるみ、シミ、そばかすの原因となる。
・UV-Aは肌の奥までダメージがくる。
・UV-Bは急激な炎症を起こす。
・結局は年中日焼け止めで対策するべき。
・保湿がとても大事。
・ビタミンDの合成に紫外線は必要。

外出自粛で自宅にいることが多いこんな時こそ、UV対策を始めてみませんか?

今のうちから習慣づけていきませんか?

シミやほうれい線があるととても老けて見えてしまいます。

今から対策を始めれば10年後の結果は全く違ってきますよ。

こじまる(人)
世の男性よ!立ち上がれ!

しつこいようですが、男性にはZIGEN UVクリームジェルZIGEN オールインワンフェイスジェルをおすすめします。

これは実際に僕が使用しておすすめできると思ったからです。

 
\購入はこちらから!/
ZIGEN UVクリームジェル
4.5

ZIGEN UVクリームジェル

「今日の肌も、未来の肌も。守れるのは自分しかいない。」
男の紫外線ケア、大切なのは何を選ぶか。紫外線と乾燥を防ぎながら、肌にも優しい。
成分と使用感にこだわった、未来の肌を作るUVクリームジェル。

おまけ:今あるシミのケアにおすすめの商品

①b.glen QuSomeホワイトクリーム1.9

・肌の漂白剤とも呼ばれる強力美白成分ハイドロキノン配合。
ハイドロキノン:新しいシミができるのを予防。すでにできているシミを薄くする。
・浸透テクノロジーQuSomeで必要な部位に成分を届け、じっくり働きかける。
・βホワイトで肌の明るさを保つ。
・ゲンチアナ根エキスでいきいきとした肌へ導く。

 

②オバジCシリーズ

・高濃度ビタミンC配合(レモン150個相当分のビタミンC)
・不安定なビタミンCの高濃度×高浸透×超安定を実現
・ハイパーブライトニング処方でビタミンCを肌表面から各層の奥まで届ける
・抗酸化成分のビタミンEも同時配合
※オバジCにレモンは入っていません

③オバジHQ

[wpap service="rakuten-ichiba" type="detail" id="c-urban:10010160" title="オバジ HQブライトニングナイトセラム 10g"]
・①と同様ハイドロキノン配合
・ハイドロキノンの安定的な配合に成功
・ナイトコンセントレイション処方で日中の紫外線ダメージをケア

ブログに本気になる。
洗練されたデザインと最速のテーマを体感せよ。